歯を抜きたくない【根管治療】

重度の虫歯には「根管治療」が必要です

歯の神経にまで達してしまった重度の虫歯をそのまま放置すると抜歯を余儀(よぎ)なくされます。そうなる前に歯の根だけでも残すための治療に「根管治療」があります。根管治療とは、歯の中の神経や血管が入っている根管という細い管の中から、虫歯になってしまった神経や血管を取り除き、内部を洗浄・滅菌・消毒し、薬剤を詰める治療です。その上に被せ物をすることで歯の機能を回復します。

アース歯科クリニックの治療の特徴

根管治療の場合、その進行状況によって、虫歯に侵食された部分の神経をすべて取り除くか、少しは残しておくか、いずれかの治療方法を選べる場合があります。神経をすっかり抜いてしまうと、歯はどうしてももろくなりがちです。そのため、できるだけ自分の歯やその歯の神経を残すほうがよい場合もあります。

判断が難しいところではありますが、当クリニックでは治療計画時に、両方の選択肢についてメリット・デメリットをお伝えし、患者さまとともにその選択肢を考え、ライフスタイルに合わせて一緒に治療計画を立案しています。

プレミアムな根管治療

日本の根管治療が再治療になる割合が高いことをご存知でしょうか?
その原因は、保険診療を繰り返しているためです。保険診療が悪いということではありませんが、どうしても治療できる内容が限られてしまうため治療期間が長くなったり、なかなか治らずに治療を繰り返すということが起きているのです。

プレミアムな根管治療は、制約のある保険診療より高品質な治療を求める方や、今まで受けた保険の診療に不満がある方に選ばれています。

当院のプレミアムな根管治療はレーザーやラバーダム、拡大鏡を用いております。治療に用いる専用器具も全て新品のもので行っております。 長期保証のプランもありますので、ご興味のある方はお気軽にご相談してください。

  プレミアム診療 保険診療
器具 全て新品 滅菌されたもの
ラバーダム使用
拡大鏡使用 ×
レーザー使用 ×
保証制度
治療時間 十分に取れる 十分に取れない
治療精度

根管治療は投げださないようにしましょう

根管治療は、細かい部分の治療であり、虫歯にかかってしまった組織をすっかり取り除き、洗浄・滅菌しなければならないため根気のいる治療です。そして通院回数も数回かかります。患者さまにも根気が必要となりますが、中にはお仕事や家庭の事情で、残念ながら途中で断念してしまう方がいらっしゃいます。しかしこの「治療の断念」はお口の健康にとって大変リスクがあるのです。

根管治療が必要な歯は、もともと重度の虫歯にかかっています。そのため虫歯が進行しやすく、病巣が広がりやすい状態です。治療の断念によって抜歯を余儀なくされる可能性が大きく高まるだけでなく、周りの歯にも悪影響をおよぼす危険性があるのです。

そうならないように治療は最後まで受けましょう。予約を守れなくなってしまっても、早めに予約を取り直して治療を終わらせましょう。お口の健康を守ることができるのはあなたです。私たちはそのサポートをさせていただきます。

根管治療の流れ

患者さまのお口の状態により多少異なりますが、大きな流れは次の通りです。痛みを感じることがないように、まず、局所麻酔をしたうえで治療を行います。

STEP01 STEP02 STEP03
虫歯にかかっている部分を器具で取り除きます 根管の治療がしやすいように穴をあけます リーマーという器具で歯の根の感染部分を除去し、必要に応じて神経も抜きます
STEP04 STEP05
滅菌、消毒後、根管内部に薬剤を充填して密封します 根管治療後は土台を作製し、その上に被せ物を装着します

歯が痛い方はお気軽にご相談ください
アース歯科クリニック  Tel:03-3579-6481

TOP