あなたの歯は残せるかもしれない

あなたのご希望に寄り沿った治療を

「なるべく自分の歯を残したい――」皆さまがそうお考えのことでしょう。当クリニックでは、できるだけ歯を残すように、外科的手法を用いたり、「根管治療」を行ったりしています。

ただ症状により、抜歯となることがあります。その場合でも周りの歯やお口全体の健康を考えた治療をいたしますので、重度の虫歯や歯周病などの気になる症状がありましたら、まずは都営三田線「板橋本町駅」より徒歩30秒の「アース歯科クリニック」にご相談ください。

私たちが抜歯を選択する場合には理由があります

私たち歯科医師は、歯を残すためにできるかぎりの努力をします。しかし、重度の虫歯や歯周病などの場合、無理にその歯を残すことで周りの歯に悪影響を与える可能性が高いと判断した場合は、抜歯を選択することがあります。

当クリニックでは一本の歯にのみ注目するのではなく、お口全体を一口腔単位と考え、どのような治療がお口全体の健康につながるかを長期的な視点に立ち見極めています。そのために抜歯を選択する場合を「戦略的抜歯」と位置づけ、数ある治療の選択肢の一つと考えています。

当院はたとえぐらぐらの歯であっても患者様に抜歯の許可・同意をいただいています。その後きちんと説明を行ってからでなければ抜歯をすることはありません。

患者さまのご希望に合わせてお口の様子を診ていきます

患者さまの中には、「たとえ噛めなくても歯をできるだけ残したい……」「痛くないうちは、抜歯はしたくない……」というご要望をお持ちの方がいらっしゃいます。その場合は、患者さまのお気持ちに寄り添って、すぐに抜歯はせず、歯の延命治療をすることがあります。たとえ1年か2年後に再度の治療方針の変更を余儀(よぎ)なくされることが予想されても、抜歯のタイミングを先に延ばすのです。もちろん、そのように予想される場合も、その旨を患者さまにお伝えします。それでも抜歯の先延ばしを望まれる場合に、延命措置をするのです。

私たちは、患者さまの同意なしでの抜歯はいたしません。抜歯の必要性やメリット・デメリットをきちんとお話しし、また抜歯をしたあとの治療法などの選択肢、それぞれのメリット・デメリットなども丁寧にお伝えします。そのうえで、患者さまのお気持ちにできるだけ沿うような治療を進めていきます。

抜歯にならないためにできること

定期検診を受けましょう

虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、早期発見・早期治療が大切です。虫歯や歯周病は初期の段階では自覚症状がほとんどないため、早期発見の近道はプロフェッショナルである歯医医院でチェックしてもらうことです。悪化させてしまうと抜歯につながりますので、その前になるべく早く治療しましょう。

また定期検診での歯のクリーニングは、普段のブラッシングでは落としきれないお口の汚れ、プラーク(歯垢)や歯石の除去につながります。お口の中がさっぱりするだけでなく、虫歯や歯周病の予防につながりますので積極的に活用してください。

予防歯科について詳しくはこちらをご覧ください

治療の断念は避けましょう

虫歯も歯周病も、悪化させてしまうとその治療のための通院回数が増え、治療期間も長くなります。患者様の中には、治療が長引くと通院を断念してしまう方がいらっしゃいます。でもこれはお口の健康にとって、とてもリスクがある行為です。治療の途中は病巣が広がりやすい状態なので、せっかく治療している歯を抜歯せざるを得なくなってしまうことがあります。その歯だけではありません。周りの歯にも悪影響を与えてしまうかもしれません。どんなに忙しくても、なるべく早く予約を取り直して治療は最後まで受けましょう。

歯並びの悪い部分は入念にブラッシングしましょう

歯並びが悪いと、その部分に歯ブラシが届きづらくなり、ブラッシングをしても汚れが落としづらいことがあります。お口の中に汚れが溜まってしまうと、虫歯や歯周病にかかりやすくなります。そうならないように、汚れを落としにくい歯並びの部分はとくに念入りにブラッシングしましょう。歯科医院での歯のクリーニングを受ける回数を増やしたり、矯正治療で歯並びの改善をしたりするのもお口のトラブル予防に効果的です。そしてそれは抜歯の回避につながります。

気になるお口のトラブルがありましたら、お早めにご相談くださいアース歯科クリニック Tel:03-3579-6481

TOP