小児歯科(全般)

小児歯科では、乳幼児期から永久歯に生え変わるまでのお子様の診察が対象です。

よくある虫歯の治療だけではなく、お子様の成長に応じた口内管理を行っています。虫歯にならないための予防や、お子様の顎の成長、噛み合わせなども含めて確認しています。
また、小児歯科では保護者の方のご協力がとても大切です。

乳歯と虫歯について

小児・子供むけ虫歯治療。カリエスチェック
乳歯や生えたての永久歯はとても柔らかいと言われています。
虫歯にもかかりやすく、さらに進行も早いことが特徴と言えます。
『いずれ大人の歯に変わるから大丈夫だろう』と乳歯にできた虫歯を放置すると、その後生え変わってきた永久歯に悪影響が出ます。
乳歯の段階から顎の成長も含めて継続的にチェックしていくと、永久歯に生え変わったときの歯並びや歯の噛み合わせも良くなり、日常生活にも良い影響を与えます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加