予防歯科・シーラント・フッ素塗布

予防歯科

定期的な歯のケアと予防が大切

小児向け予防歯科
虫歯は毎日のケアと歯科医院での定期的なケアにより予防することができます。そのためにお子さまには最低でも半年に一度は、健診を受けていただきたいと考えています。

歯科医院に定期的に通っていると抵抗も少なくなり、何か症状があっても早期発見できるため、大がかりな治療をせずに済みます。
逆に、普段から通っていないとスムーズにいかず、本当に治療が必要になったときに困ってしまいます。

乳歯と永久歯が混在している時期

大きさの違う歯が歯列の整わないまま生える時期です。そのためブラッシングがしづらく、虫歯のリスクが高まります。お子さまひとりでは、しっかりお口の汚れを落としきれません。ブラッシングのあとは、必ず保護者さまが仕上げ磨きをして一日の汚れをきれいに落としてあげましょう。

予防填塞(シーラント)

虫歯になりやすい歯の溝の部分のみを歯科の薬であらかじめふさぐ処置です。
虫歯を未然に防ぐシーラントは痛みを伴いません。
この処置により虫歯にかかる可能性が減少します。ただシーラントは決して万能な処置ではありません。毎日のブラッシングを欠かさず行い、歯科医院での定期検診を併用することが大切です。

フッ素塗布

フッ素には、「再石灰化(歯から溶けたミネラルを再び歯に取り込む作用)」を促す働きがあるといわれています。歯質を強化するとともに、細菌の繁殖を抑える効果もあるので、虫歯予防に有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加